電話:029-244-1255
〒310-0851 茨城県水戸市千波町1440-5

駐車場 28台以上

水戸市の皮膚科の関皮膚科クリニック。駐車場28台以上完備

とびひ

よくある質問

スマートフォンはこちらのQRコードを読み込みください。

HOME»  とびひ

とびひ

とびひとは

とびひの正式な病名は伝染性膿痂疹といい、細菌(主にブドウ球菌)が皮膚に感染して水ぶくれやかさぶたができ、それを掻きむしった手を介して飛び火のように広がっていく病気のことを言います。

原因

虫刺されやすりきず、湿疹、あせもを掻いたりしたために黄色ブドウ球菌などの細菌が入り込み増殖することで発症します。
また、アトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚のバリア機能が低下しているためとびひにかかりやすいので注意が必要です。

症状

皮膚の赤い腫れから始まり水ぶくれやかさぶたができます。

治療

とびひの治療は細菌を退治することなので、主に抗菌薬の飲み薬と塗り薬を使います。必要に応じてかゆみを抑える抗ヒスタミン剤なども使われています。
石鹸でよく洗い皮膚を清潔に保つことが大切です。普段の生活では、常に皮膚を清潔に保つことが大切なので患部に刺激を与えないように石けんをよく泡立ててから、丁寧に洗うことを心がけましょう。

PAGE TOP