電話:029-244-1255
〒310-0851 茨城県水戸市千波町1440-5

駐車場 28台以上

水戸市の皮膚科の関皮膚科クリニック。駐車場28台以上完備

じんましん

よくある質問

スマートフォンはこちらのQRコードを読み込みください。

HOME»  じんましん

じんましん

じんましんについて

じんましんとは皮膚に蚊に刺されたような赤みのあるふくらみができ数時間で消え、多くの場合強いかゆみを伴う病気です。
発症して1ヶ月以内のものを急性じんましん、1ヶ月以上続くものを慢性じんましんといいます。
ヒスタミンの作用で皮膚の血管が膨らむと皮膚が赤くなり、血液の液体成分が漏れ出し皮膚の赤みやふくらみが生じます。

原因

じんましんの原因はさまざまで、食物や薬剤などに対するアレルギーや感染症、寒冷、温熱、疲労やストレスなどがあります。しかし、原因ははっきりわからない「原因不明」のじんましんが実は約70%と非常に多いのです。
なお、子どもでは、半数以上にかぜなどのウィルス感染が関係しているといわれています。
何らかの原因により皮膚の肥満細胞からヒスタミンが放出され、皮膚のかゆみが起き、ヒスタミンが毛細血管を刺激し以下のような皮膚の症状があらわれます。

症状

じんましんであらわれる膨疹(ぼうしん)は2~3mmの丸いモノから、直径10cm以上の地図状のものまでさまざまです。一ヶ所にできたかと思うと消え、また別の場所に出てきます。
症状が強い場合は、次々と新しい膨疹ができます。多くは、かゆみを伴いますが、チクチクとした痛みや、焼けるような痛みを感じることもあります。

治療

じんましんのもとになるヒスタミンを抑える抗ヒスタミン剤の内服が必要です。最近の抗ヒスタミン剤は、脳に移行しにくく、眠気がでないでないものが主流ですので安心して服用できます。

症状が消えても一定期間のみましょう。急性じんましんでは1週間程度、慢性じんましんでは1~2ヶ月以上が目安です。医師の指示がある間は自分の判断で内服をやめないで下さい。
 

関連リンク

PAGE TOP