電話:029-244-1255
〒310-0851 茨城県水戸市千波町1440-5

駐車場 28台以上

水戸市の皮膚科の関皮膚科クリニック。駐車場28台以上完備

接触皮膚炎

よくある質問

スマートフォンはこちらのQRコードを読み込みください。

HOME»  接触皮膚炎

接触皮膚炎

接触皮膚炎とは

いわゆるかぶれのことを言い、何らかの外的刺激物が肌に触れたとき、触れた部分にかゆみや炎症が発生します。
接触皮膚炎は一時刺激性皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎に分類することができ、一時刺激性接触皮膚炎は原因物質に触れることで湿疹が発生します。
アレルギー性皮膚炎は原因物質に何度も触れることでアレルギー反応を起こし湿疹が発生します。

原因

一次刺激性接触皮膚炎の原因は酸やアルカリなどの刺激物が触れることが原因となります。
アレルギー性接触皮膚炎の原因は人によって異なりますが、植物、金属、湿布薬、毛染め洗剤、化粧品、外用薬、目ぐすり、ゴム、シャンプー、衣類など触れることが原因となります。
同じ物に入れても病状が出る人と出ない人がいるのがアレルギー性接触皮膚炎の特徴です。

症状

接触した部分に紅斑(赤い班)や丘疹(皮膚の小さな盛り上がり)、水疱(水ぶくれ)といった湿疹を生じます。

治療

炎症を抑えるステロイド外用薬をぬり、かゆみに対しては抗ヒスタミン剤の服用が効果的です。

予防

原因物質を調べるために、パッチテストという方法がありますので、医師にご相談ください。

PAGE TOP